介護派遣の仕事に役立つ資格とは?資格を取得してキャリアアップしよう

公開日:2024/05/15  最終更新日:2023/11/06

Nursing care qualification
介護派遣の仕事は高い責任をともない、専門知識とスキルが不可欠です。本記事では、介護派遣で成功するために必要な資格に焦点を当てます。資格取得は自己成長とキャリアアップの道を拓く重要な一歩です。どの資格が自身のキャリアに最適かを探り、介護分野での成功につなげる方法を提案します。

資格の主な種類とは

介護派遣の仕事に役立つ資格は大きく「民間資格」「公的資格」「国家資格」の3つのカテゴリーに分類できます。以下で詳しく解説しましょう。

民間資格

民間の機関や団体が認定する資格で、介護における特定のスキルや専門知識を証明するのに役立ちます。たとえば、認知症ケアやリハビリテーションの民間資格を取得することで、その分野での専門的なスキルを磨くことが可能です。

公的資格

地方自治体や国が認定する資格で、介護業界での職務遂行に必要な資格が含まれます。代表的なものに介護職員初任者研修があり、身体介護などの基本的なスキルを習得できるのです。また、実務者研修なども公的資格として重要とされています。

国家資格

国が認定する資格で、介護において高度なスキルや専門知識を証明できるのです。介護福祉士や看護師資格が代表的であり、高度な医療的ケアやリーダーシップの役割を果たせます。
このように、民間資格は特定のスキルを磨くために役立ち、公的資格は基本的な介護スキルを獲得し、国家資格は高度な専門知識をもつために重要です。

取得しておくべき資格について

介護職における資格は、キャリアアップと職務の幅を広げるために重要です。ここではおもな2つの資格を紹介します。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護関連の資格の中でも入門的な位置づけです。かつては「ホームヘルパー2級」として知られていた資格となります。

身体介護を行うためには、この資格が必要です。身体介護のスキルを身につけ、介護職としての仕事の範囲を広げることができます。

資格手当が付くため、給料の向上も期待できるでしょう。介護業界で働くなら、まずはこの資格の取得が重要です。

実務者研修

実務者研修は、初任者研修の上位資格で、以前の「ホームヘルパー1級」と「介護職基礎研修」を統合したものです。この資格を取得すると、医療的ケアなども行えるようになり、介護の仕事の幅が一層広がります。

また、実務者研修の取得者は、訪問介護サービスで配置が義務づけられているサービス提供責任者になれるのです。求人の選択肢も増え、給料アップも期待できます。

介護職としてステップアップを考えるのであれば、初任者研修の次に目指すべき資格といえるでしょう。

キャリアアップのためのおすすめの資格

こちらでは、上記で紹介した2つの資格以外にも、取得しておくとキャリアアップや給与アップにつながる資格を紹介します。

介護福祉士

介護福祉士は、介護のプロとしてのスキルと信頼性を高められる資格です。介護福祉士は、介護だけでなく要介護者やその家族にアドバイスなども行う役割を果たします。

この資格があると、通常の介護職よりも高い給与を期待できます。ただし、国家資格であるため、試験を受けるには実務経験が必要です。

社会人が資格を取得する際は実務経験が3年以上(実働日数が540日以上)で、実務者研修を修了している必要があります。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、要介護者が必要な保険やサービスを受けられるようにサポートする役割を果たします。要介護者やその家族への情報提供や調整、プランの策定などを行いうのです。

この職種は専門的な知識が必要で、国家資格ではないものの、都道府県知事の登録が必要であり、試験の難易度が高いとされています。受験資格も限られているため、介護系の資格のなかでも難関だといえるでしょう。

介護事務

介護事務は、介護施設の運営を支える仕事です。業務の円滑な進行やケアマネージャーのサポートを担当します。身体的負担が少ないため、年齢を気にせず長く続けることができます。

特別な資格や経験は必要ないので、介護職経験がない方にも適しています。介護施設での運営や事務業務に興味がある方におすすめの資格です。

これらの資格は、介護分野でのキャリアアップやスキル向上に役立ちます。個人の目標や興味に応じて、適切な資格を選択し、介護職での成功を追求することが重要です。

まとめ

資格のおもな種類について考え、キャリアアップのために取得すべきおすすめの資格について紹介しました。具体的には、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャー、介護事務など、さまざまな資格が存在します。

どの資格に挑戦するのかは、自身の職業的な目標やスキル、興味に合わせて検討すべきでしょう。資格取得は、介護職での成功への道を開き、キャリアアップの新たな局面を切り拓く手段であることを忘れないでください。

どの資格を選ぶにせよ、介護分野での貢献と充実感を追求し、成長し続けることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

静岡県では高齢者人口が増加傾向にあります。介護に従事するスタッフは足りておらず、介護職の需要は高まっているのが現状です。 この記事では「介護職に就きたいけれど、給料や年収はどの程度もらえるの
続きを読む
介護職で働きたいと思っているものの、経験がないので仕事が見つからないという方には、派遣会社への登録をおすすめします。正社員採用の場合、経験や資格の有無などが問われることが多いですが、派遣スタ
続きを読む
介護職で働きたいと思っても、どんな事業所があるのかわからず困っている方もいるのではないでしょうか。もし、介護未経験の方が介護職で働きたいのであれば、最初は派遣会社を利用するというのも一つの方
続きを読む