介護職は病院でも働ける!介護施設で働く介護職との違いを解説

公開日:2023/10/15  

介護介護職は病院でのキャリアも可能ですが、介護施設での勤務とは一線を画す重要な違いが存在します。この記事では、それらの違いに焦点を当て、どちらの環境があなたのスキルやキャリア目標に合致するかを明らかにします。病院と介護施設での勤務は、患者のニーズ、職務内容などで異なっており、それぞれの特徴を理解することが大切です。

介護施設と病院の違い

介護施設と病院は、介護職の職場として選択肢として挙げられる場所ですが、その違いは多岐にわたります。介護施設と病院での介護職の違いに焦点を当て、それぞれの特徴を掘り下げて解説します。

患者の状態とニーズの違い

介護施設では、主に高齢者や身体的なサポートが必要な人々が生活しています。

そのため、日常生活の支援や社交的な活動が介護職の主な役割となります。一方、病院では病状が安定しない患者の看護と治療が中心であり、医療的なスキルや知識が必要です。

勤務時間とシフトの違い

介護施設では、通常は比較的規則的な勤務時間やシフトが組まれます。

しかし、病院では緊急の状況に応じて夜間や週末にも働くことが多く、不規則なシフト勤務が必要な場合があります。

チーム構成の違い

介護施設では、ケアマネージャーや看護師、介護士などが協力して患者のケアを提供します。

一方、病院では医師、看護師、薬剤師、緊急医療スタッフなど、多くの専門職が連携して治療とケアを行います。

心理的負担とやりがいの違い

介護施設では、高齢者や身体的に弱い人々と長期的に関わることが多く、彼らの生活の質を向上させるやりがいを感じることができます。

一方、病院では患者の状態が急変することがあり、そのストレスに対処する必要があります。

必要なスキルと資格の違い

介護施設での仕事には、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)や介護職員実務者研修(ヘルパー1級)の資格が求められます。

一方、病院では看護師や医療技術者としての専門的な資格やライセンスが必要です。

病院で働く介護職の仕事内容

病院で働く介護職の仕事内容は多岐にわたり、患者のケアに不可欠な役割を果たします。

以下に、その仕事内容について詳しく説明します。

患者の基本的なケア

介護職は、患者の身体的なニーズを満たすために基本的なケアを提供します。

これには、入浴、着替え、食事の介助、トイレのサポートなどが含まれます。患者が快適に過ごせるように、清潔さと快適さを保つことが大切です。

患者の健康モニタリング

介護職は、患者の健康状態を定期的にモニタリングし、異常を検出する役割を果たします。

体温、血圧、脈拍の測定や症状の報告が含まれ、医療スタッフに情報提供を行います。

治療サポート

病院での介護職は、医師や看護師の指示に従い、患者の治療をサポートします。

薬物の投与、点滴の管理、傷口の手当てなど、患者の治療に不可欠なタスクを遂行します。

患者とのコミュニケーション

患者とのコミュニケーションは非常に重要です。介護職は、患者やその家族と協力し、病状や治療計画について説明し、患者の安心感を高める役割を果たします。感情的なサポートも提供し、患者のストレスを軽減します。

緊急対応

病院では、患者の状態が急変する可能性があります。

介護職はこのような緊急事態に迅速に対応し、必要な応急処置を行います。安全で効果的な手順を守りながら、冷静に行動することが求められます。

チーム協力

介護職は、医師、看護師、薬剤師、その他の医療専門職と協力して患者のケアを提供します。

情報共有や連携がスムーズであることが、患者の安全と効果的な治療のために不可欠です。

病院で働く介護職と介護施設で働く介護職の違い

病院で働く介護職と介護施設で働く介護職は、それぞれ異なる環境での仕事を担当し、役割においても違いがあります。

以下では、これらの違いについて詳しく説明します。

患者の状態とニーズの違い

病院での介護職は、主に急性および重症の患者に対処します。

彼らの健康状態は不安定であり、医療的なケアが必要です。一方、介護施設では高齢者や慢性疾患患者などが生活しており、日常生活の支援や社交的な活動が中心です。患者の状態に合わせたアプローチが必要です。

勤務時間とシフトの違い

病院での介護職は、緊急性の高い環境であるため、不規則な勤務時間や夜間、週末のシフト勤務が一般的です。

これに対して、介護施設では比較的規則的なシフトで働くことが多く、生活リズムを維持しやすいです。

チーム構成の違い

病院での介護職は、医師、看護師、薬剤師など、多くの専門職と協力して患者の治療とケアを行います。

介護施設では、介護士、ケアマネージャー、社会福祉士などのスタッフと連携し、高齢者や慢性疾患患者の生活をサポートします。

心理的負担とやりがいの違い

病院での介護職は、患者の状態が急変することがあり、ストレスの要因が高いですが、患者の回復に貢献できる喜びも大きいです。

介護施設では、高齢者との長期的な関係を築き、彼らの生活の質を向上させるやりがいがあります。

必要なスキルと資格の違い

病院での介護職には、看護助手や診療補助技師の資格が必要です。

一方、介護施設では介護職員初任者研修(ヘルパー2級)や介護職員実務者研修(ヘルパー1級)の資格が主に求められます。それぞれの職場で必要なスキルセットが異なります。

まとめ

介護施設と病院での介護職には多くの違いが存在します。病院での介護職は急性患者のケアに特化し、不規則な勤務時間が一般的です。一方、介護施設では高齢者や慢性疾患患者の日常生活支援に従事し、比較的規則的な勤務スケジュールがあります。また、病院では医療専門職との連携が密接であり、患者の健康モニタリングや治療サポートが主要な役割です。一方、介護施設では、患者との長期的な関係を築き、生活の質向上に取り組みます。必要なスキルや資格も異なり、選択肢を検討する際には自身の志向とキャリア目標を考慮することが肝要です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

静岡県では高齢者人口が増加傾向にあります。介護に従事するスタッフは足りておらず、介護職の需要は高まっているのが現状です。 この記事では「介護職に就きたいけれど、給料や年収はどの程度もらえるの
続きを読む
介護職で働きたいと思っているものの、経験がないので仕事が見つからないという方には、派遣会社への登録をおすすめします。正社員採用の場合、経験や資格の有無などが問われることが多いですが、派遣スタ
続きを読む
介護士は、高齢化社会の日本で需要が高まる職業です。本記事では、人々が介護士を目指す理由、介護士になるためのステップ、そして介護業界でのキャリア構築について詳しく解説します。介護士としてのキャ
続きを読む